普遍的な価値というもの

4月からの消費税アップを前に、『その前にお買い物』という皆様も多いことと存じます。
かく言う私共もいつも利用するものは多めにストックしたりは言うまでもなくではございます。

消費税も上がることから、改めて自分たちの消費行動を振り返ってみて、同じ買い物をするのであれば、じっくり吟味した『ずっと愛用できるもの』や『長く使える物』を選ぶ傾向になってきたように思います。

私共がジュエリー作りにおいて常にベースになっている考え、『時代を経ても色褪せず、価値ある物を』と同じですね♪
ただ、ジュエリーにおいては、装飾品ですのでどうしても「デザイン」「スタイル」といった好みによる人それぞれの価値観の違いはおのずと現れてきます。

私たちのジュエリーにおいて普遍的な価値を訴えていくとしたら、厳選した素材を用いて、時代に左右されないデザイン一切の妥協なくきっちりと作っているというところです。

時を経て、身に着けてくださる方の世代が変わろうとも、上質なものの輝きは褪せることはありません。

初めて手にしていただいた時の喜びが、いつまでも、身に着ける度に蘇るジュエリー。
そういうジュエリーが普遍的な価値のあるジュエリーと理想に想い、制作させていただいております。

お近くのHIROUMI取扱店で、一度お手に取ってご覧くださいませ。

ハーフエタニティリング-HIROUMI

HIROUMI jewellery [blog]

「HIROUMI」は、創業1930年よりハイジュエリー制作で歴史を積み重ね、常に時代に残る上質なジュエリーを求め、作り続けているジュエラーです。 親子三代にわたり、伝統に培われた技術とオートクチュールジュエリー制作で培った感性で、ハイジュエリーからマリッジリングまで、等しく想いをこめて制作しております。
Posted in アトリエのおはなし, ジュエリー情報, 素材のお話. Tagged with .