プラチナセミナーの講師を務めました

先日アトリエヒロウミ三代目・廣海貴晴がプラチナ・ギルド・インターナショナルで行われた女性誌編集者、ジュエリージャーナリストの方々にお越しいただいての「プラチナセミナー」の講師を務めさせていただきました。

プラチナギルドセミナー講師

プラチナ・ギルド・インターナショナル(PGI)は、プラチナの価値を消費者にお伝えしたり、プラチナジュエリーの普及に努めている機関です。
日本では1970年代より活動されているので、『プラチナは永遠の輝き』といったPGIの広告に使われるコピーは、日本においてもすでに広く知られているかと思います。

今回はプラチナジュエリーを制作する立場から、プラチナの優位性を話して下さいということで、貴金属加工職人である三代目にお声がかかり、それならばとお引き受けした次第です。

当アトリエで制作しているジュエリーの多くはプラチナ950製です。
加工する立場からも、ジュエリー制作においてプラチナは欠かせない大切な素材です。

プラチナの特性としまして、『変色しない』、『経年変化が無い』などございます。
加工においては、『伸展性が良いので、細い線や繊細な加工(表現)がしやすい』などがあります。

プラチナは、純プラチナ(Pt999)の状態では非常に柔らかい貴金属です。
そこに割金を加えてPt950などに純度を変えて硬くして加工や日常使用に耐えられる硬さにします。
プラチナジュエリーの魅力や特徴に加えて、そういったプラチナの特性も実際に触れて感じていただけるように、純プラチナの板や割金を加えて特別に硬くしたPt950の線材など、比較していただくための材料や動画などもご用意して職人目線のプラチナのお話しもさせていただきました。

普段は彫金机に向かい、ほとんどしゃべることもなく黙々と作っている三代目ですので、流暢とはいきませんでしたが、思いの丈はすべてお話しさせていただいて参りました。

一般の消費者の皆様へ情報の橋渡しをしてくださる編集者、ジャーナリストの方々にプラチナ及びプラチナジュエリーに対するご理解を一層深めていただく機会となったご様子でしたので、お役に立つことができたならばとホッとしております。

ゴミではないんですよ!

先日、バフの集塵機の掃除をいたしました。

バフというのは、丸く切った布を何枚も重ねて厚みを出して、それに研磨剤をつけてモーターでまわしてリングなどを磨く道具です。

バフ粉
研磨した時に出る粉などを集めたものです

その集塵機には研磨の時に出る研磨剤の粉や、様々なものが遠心分離されております。
その集まったものがこれです。

まさに塵のように細かなもので、「ふ~」と息を吹きかけると「もわもわ~」と舞い上がってしまいます。
実はこの中にも研磨されたプラチナや金などが含まれているのです。
もちろん目で見えるようなものではないのですが・・・、これらを集めて専門の業者さんで分析をしてもらいます。

アトリエの初代の時代ですと、なんと部屋の畳まで分析に出したとか!
それだけ貴重で高価な資源を使ってジュエリーは生み出されております☆

雑誌『Jewelit(ジュエリット)』にご掲載いただきました

ご案内が遅くなったのですが、ジュエリーやアクセサリーをご紹介されている雑誌『Jewelit(ジュエリット)』さんのNo.6にご掲載いただきました。

img595_2

私共の作りについてのこだわりをご紹介くださっています。
機会がございましたら、どうぞ手にとって御覧くださいませ。

img592

冊子に関するお問い合わせ、ご購入に関しましては下記よりお願いいたします。
・宝石・ジュエリーの季刊誌 ジュエリット「Jewelit」

HIROUMI JEWELLERY 基本のキ

どんなに素晴らしい宝石も、ジュエリーとして身に着けるには貴金属の助けが必要になります。

プリミティブなものやコンテンポラリーものでは、貴金属以外のマテリアルを使ったものも多々ありますが、一般的に思い浮かぶものは、プラチナ、金などの貴金属ですね。

アトリエヒロウミで制作させていただいているハイジュエリーやオーダージュエリーの90%以上は、独自の割金配合のオリジナルPt950を使用しています。

繊 細な線で中石を留められるような張りのある、磨き上げたときに一点のくもりもなく輝きを放つ、なめらかな肌に仕上がるという、ハイジュエリー制作用に開発 したPt950ですが、HIROUMI marriage collectionでも、同じPt950を使用しています。

純プラチナと割り金を合わせ溶かし、独自のPt950を制作している動画をアップしてみました。

PT950地金製作動画(クリックすると動画サイトに移動いたします)

プラチナ鍛造動画

3Dキャド講習会のご案内

今回は「大阪ジュエリー工芸協同組合」からのお知らせです。

ジュエリーの製作において、今では手作りに始まり、様々な技法や工具や機械が使用されて一つのジュエリーが完成いたします。

その中で今回3Dキャドの講習会を大阪の組合主催にて開催することとなりました。
実は今回で4回目(全6回予定)の開催になるのですが、業界に身をおく立場でないとなかなか開催情報が回ってこないという話を耳にいたしましたので、WEBにて開催情報をお知らせする運びとなりました。

全く3Dキャドのことを知らない、興味はあるけど・・・という方から受け付けております。
今回で4回目になるので、内容は少し進んでしまっていると思うのですが、ご興味の有る方は問い合わせをされてみてはいかがでしょうか。

実際にお仕事としてCADを使用されている方が講師ですので、色々話を聞くだけでも参考になるかもしれませんよ☆
また、同じソフトをご使用でも使い方が違えば、製作できるものに幅が出るかもしれませんよ。

参加費用については「大阪ジュエリー工芸協同組合」が主催でおこなっておりますので、良心的な金額じゃないかなぁと思います。

また、個人の彫金教室に通っている方や、ジュエリー学校の生徒さん、一般のかたも参加いただけますので、ご興味の有る方は是非ご参加くださいませ。
もちろん他府県からもご参加いただけます。

<詳細>

第四回 jewelry CAD 入門講習
開催日  H24 2月 24日 (金)

講座概要

1部 Rhinoceros入門編

Rhinocerosを使用して基本的なコマンドを学びジュエリーを作ります。
毎回1時間完結の入門講習です
パソコンを持込できる方は
http://www.rhino3d.co.jp/product/Rhino40/evaluation4.html
または(ライノ評価版)で検索してインストールしてください。

2部

Zbrushを使用してモデリングの実演。
DynaMeshを使用してのモデリング。
その他3D関連のソフトを使用して実演します。
※都合により内容が変わることがあります。

次回予定日  未定
※都合により日にちが変わることがあります。

申込締切日: 2012年2月20日
講義会場:   南船場会館 (〒542-0081 大阪市中央区南船場3-7-12)
講義時間:  18:30 ~ 21:00(2時間半)
受講料:    一般:¥2000 学生:¥1000 組合関係者:¥1000  組合員:無料
講師:     下平泰司先生 小玉弘毅先生
主催:     大阪ジュエリー工芸協同組合
申し込み:  Tel 06-6779-2715  Fax 06-6772-4845

メールでの問い合わせ&申し込み
kodama@kyj.biglobe.ne.jp

過去の開催情報等はこちらのブログより御覧いただけます
http://osakajewelry.at.webry.info/

オートクチュールジュエリーブログ