VANADIS by atelier HIROUMI デビュー♪

昨年末から、アトリエでは新しい試みにせっせと取り組んでおりましたが・・・

今春、三越さまのオリジナルジュエリーブランド「VANADIS(ヴァナディス)」とアトリエヒロウミのコラボレーションで
このたび新しいマリッジリング「VANADIS by atelier HIROUMI」をお披露目させていただくことになりました。

こちらは三越さまの「ジャパンクリエーションキャンペ-ン」という、「日本のものづくり」に焦点をあて、
様々な商品を紹介されている人気企画がありまして、その一環でアトリエヒロウミにもお声を掛けてくださいまして実現したものです。

ジャパンクリエーション

お取扱いは東京の「日本橋三越本店本館6階宝石サロン」さまのみの限定販売となっております。

写真のものと、もう一型、合わせて二型のマリッジをご用意いたしております。

鍛造製法で一本一本、想いを込めて手作りいたした逸品となっております。

レディースにはアトリエ独自の「ダイヤモンドダスト」加工で繊細な輝きをプラスし、メンズでは「鏡面仕上げのこだわり」をダイレクトに
感じていただける、HIROUMIらしさを盛り込んだ正統派マリッジリングとなっております。

「ジャパンクリエーションキャンペーン」の期間は4月6日(水)~12日(火)ですが、マリッジリングは期間以降もお取扱いただきます。

マリッジリングをお探しの方はぜひ一度手にとってみていただけたらと思います。

「百聞は一見にしかず」、いえ「一触にしかず」かもしれませんが、触れていただけたらその違いが歴然とわかっていただけるリングであると自負しております。

どうぞ一度お運び下さいますようお願い申し上げます。

Posted in ジュエリー情報, ヒロウミマリッジ(結婚指輪). Tagged with , .

今やらなければならない事(ペアシェープダイヤリング)

東日本大震災にて被災されました皆様には、心よりお見舞い申し上げます。

先のブログで書きましたように私に出来る事はそう多くありません。
ですから今自分が出来る事を力いっぱいしようと思います。
私にできる事、それはジュエリーを通じて少しでも皆様に貢献できるように努める事です。

ですから今日から改めてジュエリーに関するブログを再開させてまいります。

実は以前から何を作ろうかとあたためておりました0.5Ctのペアシェープダイヤをソリテールのリングに作る事に致しました。
で、思い切って制作している風景を写真に収めましたので一気にご覧いただこうと思います。
前回のマーキースと同じ制作工程の場所は、同じ写真を一部使用しております。

①先ずは地金を用意して、叩いて丸めます!
結婚指輪:角棒から輪っかに

②そして曲げた際にできる歪みや厚みの変化をヤスリで削って整えます。
リングをヤスリで削る
③そしてダイヤの入る部分を決めます。

こうしてダイヤを実際においてみるんですよ☆ひっくり返しておくのがコツです。
で、概ね把握が出来たら完全に腕を成形してしまいます。
結婚指輪:ダイヤの仮置きとリング指馴染み

④腕をバフにて磨き上げてしまいます☆
通常は最後に磨くのが一般的ですが、アトリエヒロウミでは途中段階で、先に仕上げてしまいます。もちろん、ちゃんと理由はあるんですよ♪
仮磨き
⑤次は頭の部分。頭と言われても解らないですよね(汗)
ダイヤを乗せるための石座の事です。それをヤットコで、くいくいっと曲げて作っちゃいます。で、腕(リング)と合体させちゃいます。
何気なく書いちゃいましたが、実は全てのバランスがここで決まってしまうので、最も慎重にかつ時間を掛ける作業なんです。
そのあとに、中石の爪を角度の調整をしながら一本ずつセットしていきます。
結婚指輪:ダイヤ枠制作

⑥次は石合わせです。
出来上がったリングにメレーダイヤをセットしていくためにドリルで穴をあけて行きます。
メレーダイヤが入るかチェックしながら、ひとつずつダイヤの直径に合わせて穴をあけて行きます。。
さっきからリングについている透明なのは何かな~と思われている方も多いのではないでしょうか?実はこれセロハンテープです。
先に腕を綺麗に鏡面仕上げしておりますので出来るだけ擦り傷がつかないように保護しております。
手間ですがこれも大事な心づかいです。
メレーダイヤの石合わせ1
⑦ダイヤがしっかりと入るかチェック。深さやお隣のダイヤとの隙間の具合もチェック!
メレーダイヤの石合わせ2
メレーダイヤの石合わせ3
ピッタリと入りました。
このメレーダイヤ大きく見えますが直径1.60ミリなんですよ。
1.62ミリなら、もうこの穴には入りません。

⑧あと石留めや諸々の作業が行われて完成です!!
一気に完成の写真です。
ダイヤモンドring完成
⑨繊細な腕にメレーダイヤをセットしておりますが、しっかりと腕にも刻印を入れております。
腕の幅が細いので刻印を入れるには緊張します。さらにはしっかりと金槌で打ち込みますので、その際に腕が伸びてしまってリングサイズが0.3番ほど大きくなってしまうのです。
しかし、初めの段階でちゃんと0.3番小さく作っておりますので大丈夫なんですよ☆伸びてくれてちょうど良くなるのです。
伸びしろも計算に入れて制作に取り掛かります。
刻印
手作りの場合、完成のイメージは職人の頭の中にあるので、どのような順番で制作すれば良いのかというのは作り手の考え一つです。
それによって完成度も大きく変わってしまうと言っても良いと思います。
さて、こちらのリングはどこで皆さんにご覧頂けるようになるのでしょうか(汗)
ホントに出来たてホヤホヤなんですよ♪

皆さんに少しでも手作りの温かみが伝わりますように☆

Posted in オーダーメイドジュエリー, オリジナルジュエリー, ジュエリー情報, つくりのお話, ヒロウミマリッジ(結婚指輪). Tagged with , .

今できる事。

本日で「東日本大震災」より一週間が経ちました。
被災地では物資が不足している状況の中、やっと少しずつガソリン等を輸送し物資が送れるようになりつつあるようです。
先日大阪府知事より、現在の大阪の活動報告として生放送がございました。
一時、仕事の手を休めアトリエの全員で見るように致しました。
お話の中で、被災地の支援として「大阪府営住宅を開放し被災者の受け入れ」の態勢を整えている旨が発表されました。
移動手段についても検討されているとの事。

この活動は大阪だけではなく、日本全土で同様に取り組みがなされつつあるようです。
愛する土地を離れることは大変苦痛でしょうが、少しでも助けになればと感じました。

詳しくは大阪府ホームページをご覧くださいませ。
http://www.pref.osaka.jp/koho/tohoku_jishin/index.html

また、当アトリエでも大きな事は出来ませんが、被災地の復興に役立てていただくため、「日本赤十字社」、「岩手県災害義援金募集委員会」へと振り分けて義援金を寄付致しました。
一時的な感情での寄付ではなく、これからが大変だと思いますので毎月継続して送れるようにしていきたいと思います。

どうしても明るい話題を避けがちではございますが、テレビ等でも明日への活力として日常の番組が組まれるようになってまいりました。
そして、私共に出来るプロフェッショナルな事と言えば、やはり「ジュエリーを作る事」です。
ジュエリーは、どうしても今必要のない物と言われてしまうかも知れません。
しかし、美しいものは身に着けるだけで心が豊かになるものでございます。
食事も、ただ口にできればよいと言う事ではなく、工夫を凝らし料理をするのは栄養だけではなく
「味で喜びを感じ、彩りで楽しみ、香りで心を満たすもの」
だからだと思います。

人が前を向いて歩きだすには、健康と共に心がとても大切だと感じております。
ですから、ジュエリーも不要な物では無く、明日への希望となるように真に美しく輝くジュエリーを、私達は生み出して参りたいと思います。

Posted in 日記. Tagged with .

被災されました皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。

2011年3月11日、東北地方にて戦後最も大きな地震が発生いたしました。
マグニチュード9.0、それを引き金とし起こった大津波。
今までにないほど多くの方々が犠牲になられました。
あまりの出来事、衝撃に今までブログを書くことができませんでした。
さらには、福島第1原発の事故により被害や混乱が広がっております。

信じられないほど多くの方々が被災され、支援もままならない様子をテレビやネットを介して見るたび心が痛みます。
言葉では到底言い表すことができません。

まさかこれほどの出来事とは思いもしませんでしたので、地震直後すぐに東京方面の知人や得意先様に安否の確認の電話をしました。
ですが、すぐにNTTの規制により通話ができなくなりました。
それで、想像を超えることが起こっている事がわかり、電話連絡等はすべて控えるようにいたしました。
その時の私達に出来る事といったらその程度でした。

幸い大阪では被害はございませんでしたが、看護師をしている妻からは
「大阪でも何かあれば現場に出ないといけないから娘をお願い」といわれました。
被災地ではまさに、自衛隊、レスキューや医師、看護師さんが救護・救援のため命がけで力を尽くしておられます。
そういったことが、今の日本で起こっているという事実。

どれだけ私たちが胸を痛めようと、悲しもうと何もできないという無力さに苛立ちを隠すことが出来ません。
きっと、日本中の方々が同じ思いでいるはずです。

私共にできることなど何もないのかもしれません、しかし、僅かでもよいので、被災された方々に光を届けることができればと、
私達なりにできる事を考えて行きたいと思います。

どんな困難にあっても、どんなに時間がかかっても、必ず笑顔が戻ることを信じて。

多くのお亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りすると共に、僅かでも被害が少なく済みますようにお祈りいたします。

アトリエヒロウミ 三代目
廣海貴晴

Posted in 日記. Tagged with .

オーダーエンゲージリング♪

偶然HIROUMIをお知りくださったと、ご近所にお住まいの若いカップルさんがアトリエをお訪ねくださいました。

たぶん、アトリエの前は普段通っていらっしゃたのでしょうが、表から見ても店舖の形態ではないので、
ジュエリーを作っているのはご近所でも知る人ぞ知るのアトリエヒロウミです。(笑)

エンゲージリングのオーダーを賜わりまして、色々ご相談のうえ、あえて立て爪の中石を使わない、普段使いにも違和感のないシンプルな平甲丸リングに
メレーダイヤを散りばめたエンゲージリングをお作りさせていただきました。

_dsc6218_1171wab

ダイヤは、婚約の証にふさわしい最上ランクのものに、今回はアーガイル産の天然ピンクダイヤも添えさせていただいております。
写真では少し色が薄く見えてしまいましたが、実際の方はピンクがくっきり効いています。

清楚な中にも華があるお客様だけのエンゲージリングが出来上がりました。
少女のように初々しく可愛い婚約者さまにぴったりのリングになったのではないかなとニンマリしてしまいました。

お好みもあるでしょうが、立て爪のソリテール(ひと粒石)リングは普段使いし辛いこともあり、仕舞ったままになりがちというお話もよく伺います。
リフォームのご相談でも、ソリテールリングを普段使いできるものに、脇石を添えて華やかなリングにといったご相談がままあります。

お二人のライフスタイル、お好みに合わせて、ソリテールにこだわらずこういったエンゲージリングを選ばれるのも素敵だと思います。
想いのこもったリングはいつも身に着けていただいてこそですから、邪魔になったり引っ掛かりがないデザインはぴったりですね♪

アトリエでは、お好みに応じたエンゲージリングをデザイン、ダイヤ探しから完成まで、一からお作りさせていただいております。

お気軽にHIROUMIお取扱い店、もしくはアトリエヒロウミまでご相談くださいませ。

Posted in オーダーメイドジュエリー, ジュエリー情報. Tagged with , .