「結婚指輪(マリッジリング)」タグアーカイブ

ブライダルリングご相談会 in 名古屋♪2019

年末恒例の松坂屋名古屋店での『ブライダルジュエリーご相談会』のお知らせです♪

気の早い話しかも知れませんが、来春にご結婚をご予定の方はもうご準備されても遅くはありません。

私共のマリッジリングは一本ずつ、一からきちんと手をかけておつくりしています。

したがって作れる数も限られてしまいますし、お時間もいただくことになってしまいます。

その代わり、待っていただいた甲斐があったと思っていただける、お二人のこれからの一生共に過ごさせていただくにふさわしい、極上のマリッジリングをお届けいたしております。

 

通常のマリッジリング選びは、お好みのブランドやデザインから「選ぶ」ことが主流でございますが、私共では「オーダーマリッジと同じ」ように、基本のデザイン11コレクションをベースにプラチナをゴールドに、ダイヤを増やしたり減らしたり、リングの幅や厚みを変えたり、お持ちのエンゲージリングに添うようにカーブをもたせたり『自由自在』に思い通りのマリッジリングの夢と希望を叶えていただけます。

普段でも松坂屋名古屋店の店頭では様々にご相談をしていただけますが、年に数回、HIROUMI三代目・廣海貴晴が直接ご相談を承りに参ります。本人も普段はアトリエにこもって作り続けるだけの日々ですので、お客様に直接お会いして色んなご希望を直接伺えることはとても大切な機会であり、心から楽しみにしています。

今年最後のブライダルジュエリーご相談会ですので、ぜひこの機会にお越しくださいませ。

もちろん、マリッジリング以外にも、譲られたダイヤモンドリングをエンゲージリングにリフォーム、お持ちのジュエリーを作り変えたい、新しくジュエリーをフルオーダーされたい、などなど、ジュエリー制作に関するご相談はどんなことでも承りますのでお気軽にどうぞ。

皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。

 

お電話でご予約をいただきますと、お待たせしないでご相談いただけます。

松坂屋名古屋店 北館5階 宝石サロン
愛知県名古屋市中区栄3-16-1

TEL(052)264-2843

〈アクセス〉
名古屋市営地下鉄 名城線 矢場町駅 地下通路直結(5・6番出口)
名古屋市営地下鉄 栄駅 16番出口より南へ徒歩5分

 

HIROUMIマリッジ「Collection №11」

HIROUMIマリッジ「Collection №11」のご紹介です。



優美な波を思わせるマリッジリングは、穏やかな川の流れのように指に添い収まりの良いフォルムを研究し尽くして生まれました。

メンズは川面に映る光をイメージし、レディスには、大小のダイヤモンドの輝きをひらひらと舞う桜の花びらに見立ててあしらっています。

HIROUMIマリッジCollection WEBサイト

HIROUMIマリッジ「Collection №10」

HIROUMIマリッジ「Collection №10」のご紹介です。

Hm010_web

日々に寄り添う輝きを贅沢にお楽しみいただけるマリッジリングです。

心地よく柔らかな、程よい丸みをもたせたメンズと、ダイヤモンドをたっぷり留めたレディス。

存在感のある飽きのこないデザインに加え、驚くほど滑らかなつけ心地も、職人が一点ずつ手づくりしたリングならではの魅力。

毎日のさまざまな場面でつけ心地の良さをご堪能いただけるペアリングです。

HIROUMIマリッジCollection WEBサイト

HIROUMIマリッジ「オリジナルオーダー」

「マリッジとお揃いのエンゲージリングをオーダーで♪」

エンゲージリングやマリッジリングを選ばれるときには、エンゲージとマリッジの「セットリング」で選ばれる方もいらっしゃいますし、エンゲージは女性のお好みで、マリッジはお二人に似合うものを選ばれることもあると思います。

でも、エンゲージリングのデザインも出来ればマリッジリングと揃えたいのだけれど…。

エンゲージリングやマリッジリング選びは、大切な証の品で記念の品でもあり、一生をともにするものだと考えると、あれこれ悩まれることも多いかと思います。

今回お客様よりご相談いただきまして、写真のようなデザインをご提案させていただきました。

 

マリッジリングは、細身で両縁にミルグレインを踏襲した「Collection №9」のペアに、レディスのみダイヤモンドを増やしたデザインです。

エンゲージリングは、マリッジと同じデザインに6本爪の枠を作りダイヤモンドをセッティングしました

私共のマリッジリングは使う素材、幅や厚み、シルエットにダイヤモンドの数など、如何ようにもお好みでアレンジオーダーにお応えしておりますが、そのマリッジリングに合わせたエンゲージリングもオーダーいただけます。

エンゲージリングとの重ね付けは、マリッジをU字やV字にしないとダイヤモンドのソリテールリングの収まりが悪いのでは?と思われる向きもあるようですが、デザインによっては、リング全体がピッタリと重なりすぎない程度の「絶妙な間」がある方がいい感じの時もあるように思います。

型にはまらない、自由鍛造で一つずつ手づくりで仕上げているからこそ、フィット感の微調整を始め、お客様の希望される形に沿った制作を可能にしております。

まずはHIROUMIマリッジコレクション取り扱い店でご相談くださいませ。

HIROUMIマリッジ「Collection №9」

HIROUMIマリッジ「Collection №9」のご紹介です。

 

こつこつと愛おしむように職人が一粒ずつ打ち込んだ繊細なミルグレインで縁取り、アンティークな 趣を 醸し出したマリッジリングです。

手打ちだからこその、指あたりの優しいミルグレインは、ハンドメイドのリングをお選びいただく醍醐味の一つです。

レディスにはダイヤモンドを並べ、より一層繊細な輝きを添えました。

HIROUMIマリッジCollection WEBサイト