結婚指輪の着け心地 | マリッジリング【HIROUMI】


オートクチュールジュエリー


手造り鍛造のHIROUMIマリッジリングが出来るまで


やさしいはめ心地の結婚指輪

やさしく、あたたかく、寄り添うマリッジであるために

人生においてかけがえのないメモリアルにふさわしく、共に人生を重ねていく存在として・・・。
マリッジリング(結婚指輪)は、パーティーシーンで着けるものとは異なりジュエリーの中でも最も永くおつけになられる指輪だと思います。
そして、ジュエリーに使用されるマテリアルは日常の中にあふれる他の金属と比べはるかに繊細な素材です。
ですから、ある程度強度が必要となり、長時間着けていても疲れること無く、「着けていたい」と思えるほど心地よいものでなくてはいけないと考えております。
そこで、いつまでも色褪せることなくお二人の思いを馳せるにふさわしいマリッジリングを作り上げようという理想の元に、ハイジュエリー制作で長年培ってきた技術をもって作り上げたマリッジリングのコレクションです。
ひとつひとつ、職人の想いを込めて掌から生み出されたマリッジリングです。
お二人の幸多き日々にやさしく、あたたかく、寄り添うマリッジでありたいと願います。



プラチナ鍛造

きめ細かい密度(鍛造)
地金を叩き締めて成型する鍛造製法を用いているので、硬質な密度の高い地金となっています。
密度が高くなることで磨いた際にプラチナ表面の平滑度が上がるのでツルッとした触り心地になります
ヒロウミでは、硬さのみを追求したものではなく、地金の色合い、仕上がりの滑らかな肌合いまで重視して、『プラチナの美しさ・肌触り』にもこだわった配合です。


詳しくはこちら

リングの削りだし

厚みと丸み(調整をしながらの擦りだし)
心地良いはめ心地にはリング全体の程よい丸みが必要不可欠です。そして、指にベストな厚み。
厚すぎても薄すぎても心地よいものにはなりません。
リングサイズによっては、擦り出す間隔が違うので、リング側面や内側の指馴染みにおいても、そのデザインやサイズに応じての微妙な調整を施し、指へ嵌めていただいた際の馴染みの良さ、心地良さを一番に考えた丸みのつけ方を心がけています。

詳しくはこちら

ヘラがけ

滑りが良くなるように(へら仕上げ)
バフによる鏡面仕上げの前段階で、「へら」と呼ばれる超硬鋼製の金属棒で地金の表面についている目視では分かり難いような仕上げ残しも抑えこみ、鏡面仕上げを行うことで通常より表面の摩擦係数が減り、指にした際の『指通り』が良くなります。
リング内角も丸くとっておりますので(内甲丸)、効果が合わさりより心地良いはめ心地となります。


詳しくはこちら

心地良い内甲丸心地良い内甲丸
動画の再生

内甲丸

手づくりだからこそ生み出す事のできる、やさしく指にフィットする装着感。
吸い付くような装着感は、リング内側も甲丸状(丸く)に形作った『指なじみ』によるものです。
オーダーされるサイズに合わせて、鍛造されたプラチナを一本一本形状に合わせて内側に丸みを施していきます。
ただ丸く削るのではなく、リングの内側の角を指先であたりを見ながら指への通りもよく、指を曲げたりの動きもスムーズに出来るように微調整を繰り返しながら施します。
普段指輪を着け慣れない男性も違和感なくはめて頂けることと思います。

通常の甲丸リング断面ヒロウミのリング断面(内甲丸)

2本同じ形状のリングを用意して一本は軽く内角を落とした一般的なリングに、もう一本はリング内側全体に丸みを付け内角も十分に丸みを持たせたリングに仕立てました。(断面をご覧頂けるようにリングの一部を取り除いております。)
内側(内甲丸)の形状の違いで指にした時の心地よさ『指通り』が違ってきます。

自然な指通りを店頭でお確かめ下さい。
資料請求資料請求ショップリストショップリスト


結婚指輪の作り方
オーダーしてから、お二人の指輪がどのように作られているのか気になりますよね。
具体的に「手づくり」とはどのように作られているのかご案内いたします。

つけ心地の良い理由
HIROUMIの指輪は普段つけ慣れない男性からの目線も取り入れて作られております。
やさしく指にフィットする心地よい装着感の秘密を、少しだけご紹介致します。

HIROUMIブライダルで使用している素材
プラチナってどんな素材?Pt900、Pt950? ダイヤモンドはどのような品質を使っているの?
HIROUMIならではのこだわり素材のご案内です。