結婚指輪・マリッジリング | 上質の追求から生まれた指輪HIROUMI


オートクチュールジュエリー


ハイジュエリー制作で歴史を積み重ねるHIROUMIから、手造り鍛造によるマリッジリング(結婚指輪)コレクションが誕生

手づくりならではの心地良い指馴染みを肌身で感じていただけるオートクチュール・マリッジリング『HIROUMIマリッジコレクション』

1930年のスタートから80年以上、三代にわたって、日本の宝飾加工職人としての技とこころを受け継いできた、アトリエヒロウミ。
ハイジュエリーの制作で培った数々のこだわりは、HIROUMIマリッジコレクションの細部にも息づいています。

たとえば、オリジナルのプラチナ素材。
割金を配合に独自の工夫を加え、同じPt950でもより繊細な爪でダイヤモンドをしっかりと支えることができる強度と美しさを実現しました。

さらに叩き締めながら形づくる鍛造製法で、地金の密度と強度をアップ。
丹念に磨き上げて仕上げを施すことで、しっとりと艶やかな光沢を生み出しています。
ダイヤモンドは小さな一粒に至るまで、ハイジュエリーに使用するのと同じランクのカット、輝きのものを厳選。
オーダーを受けてから一点一点、手仕事でつくり上げるオートクチュール・マリッジの心地よさと美しさをお届けします。


※音量にご注意下さい

マリッジコレクションNo.1

Collection No.1

シンプルだからこそ、格別なプラチナの輝き、指にはめたときの心地よさの違いがダイレクトに伝わる究極のマリッジリングです。

マリッジコレクションNo.2

Collection No.2

ウェーブラインが個性的なリングは、アトリエに代々伝わるデザインモチーフを現代的に表現したものです。

マリッジコレクションNo.3

Collection No.3

フリルのようなシルエットがスタイリッシュな印象のリング。レディスに施された独自の“ダイヤモンド"加工の繊細な煌めきは必見です。

マリッジコレクションNo.4

Collection No.4

丸みのあるウェーブラインに唐草模様のイメージで削り出した、美しい立体感を表現したリングです。

マリッジコレクションNo.5

Collection No.5

小指から中指に向かって輝きのラインが立ち昇る。優雅さで一番の人気のデザインです。

マリッジコレクションNo.6

Collection No.6

シャープな平打ちリングのようなデザイン。しっくりとしたつけ心地が指に優しい人気のスタイル。

マリッジコレクションNo.7

Collection No.7

細身でしっかりした作りのリングは、華奢な指の方やリングに慣れない方にも好評なペアリングです。

マリッジコレクションNo.8

Collection No.8

お二人が出会い、より一層の輝きを放ち歩みだすイメージでデザインしたリングです。

マリッジコレクションNo.5

Collection No.9

こつこつと愛おしむように職人が一粒ずつ打ち込んだ繊細なミルグレインで縁取り、アンティークな趣きを醸し出したマリッジリングです。
手打ちだからこその、指あたりの優しいミルグレインは、ハンドメイドのリングをお選びいただく醍醐味の一つです。

マリッジコレクションNo.6

Collection No.10

心地よく柔らかな、程よい丸みをもたせたメンズと、ダイヤモンドをたっぷり留めたレディス。
存在感のある飽きのこないデザインに加え、驚くほど滑らかなつけ心地も、職人が一点ずつ手作りしたリングならではの魅力のリングです。

マリッジコレクションNo.7

Collection No.11

優美な波を思わせるマリッジリングは、穏やかな川の流れのように指に添い収まりの良いフォルムを研究し尽くして生まれました。
メンズは川面に映る光をイメージし、レディスには、大小のダイヤモンドの輝きをひらひらと舞う桜の花びらに見立ててあしらっています。


私達の指輪どのようにして作られているの?
オーダーしてから、あなたの結婚指輪がどのように作られているのかご案内いたします。

着けここちの良い理由
やさしく指にフィットする心地よいマリッジリングの装着感の秘密を、少しだけご紹介致します。

どんな素材を使っているの?
HIROUMIならでは、こだわりのプラチナ/ダイヤモンドなどご案内です。