ハートダイヤリング 2/5

リング部分が出来上がりましたら引き続きメイン部分の制作に取り掛かります。
ハートダイヤは形状が個々に特徴のあるものが多いので、しっかりと形状に合わせて受け座を作ってあげる必要があります。

ダイヤモンドを乗せる受け座が出来ると、ダイヤを固定するための「爪」と呼ばれる細い線をセットしていきます。

この「爪」と呼ばれる細い線は太いほど強度が増すのですが、太いほど見た目が野暮ったく線を曲げる際にダイヤにかかる負担も大きくなるので、強度に問題がないかぎり出来るだけ細く繊細なものを用意します。

どこまで細くすることが可能かというのは経験則もありますが、基本的にはそのダイヤとの対話から判断します。
(対話と言いますのは、具体的にはイメージとしてシュミレーションしております)

1番の写真のように「このくらいかな?」と思う太さの線をダイヤにあてがい、適切な太さを感じてあげる必要があります。
ダイヤのとがった場所にセットするのか、合計何本の爪で留めるのか、指輪なのかブローチなのか・・・総合的に判断します。

ハート石枠制作工程
最後に爪を垂直にして、ダイヤにぴたりと沿わせてあとで留めやすい状態までもっていきダイヤの枠の制作は完了です☆

個に合わせてベストな制作をすることができるのもオーダーならではですね☆


HIROUMI jewellery [blog]

「HIROUMI」は、創業1930年よりハイジュエリー制作で歴史を積み重ね、常に時代に残る上質なジュエリーを求め、作り続けているジュエラーです。 親子三代にわたり、伝統に培われた技術とオートクチュールジュエリー制作で培った感性で、ハイジュエリーからマリッジリングまで、等しく想いをこめて制作しております。
Posted in オーダーメイドジュエリー, ジュエリー情報. Tagged with .