Category Archives: ジュエリー情報

HIROUMIから生み出されるジュエリーに関することを書き留めていきます。

新しい道具☆

「レーザーマーカー」を導入しました。

半世紀以上続くアトリエですが、昔ながらの手仕事を大切にしつつ、新しい技術も積極的に取り入れているのがアトリエヒロウミです。

如何にお客様に喜んでいただけるジュエリーを作れるかを追求し続ける上で、様々な工具や機械なども必要とあれば色々試して取り入れています。

レーザーマーカーとは?

実は、文字やイラストなどをレーザーで彫刻するための機械です。

手打ちの刻印では入らない大きさのロゴを入れたり、小さなピアスの枠や中が空洞になっているネックレスの金具に刻印を入れたりも可能です。

私共のジュエリーを手にとって下さる方には、もしかしたら見えなくて気付かれないかも知れないほんの小さな刻印。

そんな些末なことも疎かにしない、想いを込めた仕事の積み重ねが、より一層輝きを増すジュエリーをお届けできる秘訣だと思っています。

それが私共の仕事への誇りです。
Posted in アトリエのおはなし, つくりのお話, 日記. Tagged with , , .

名古屋でHIROUMIコレクションをぜひ御覧ください♪

10月17日(水)より30日(火)まで、松坂屋名古屋店で催される「ブライダルフェア」に合わせて、いつもはマリッジコレクションとハーフエタニティーを常設していただいている同店にHIROUMIコレクションがお目見えいたします。
この冬のギフトシーズンに向けての、プレゼントやご褒美ジュエリーにふさわしいものもご用意いたしております。
ブライダルジュエリーをご検討中の皆様も、ハイジュエリーを作るのと同じ手、が一から生み出すブライダルジュエリーということをご実感いただける展示になるかと思います。
ぜひこの機会にお立ち寄り下さい。そしてお気軽のご試着下さいませ。
松坂屋 名古屋店 北館5F宝石サロン
〒460-8430名古屋市中区栄3-16-1
℡ (052)264-2843(直通)
Posted in アトリエのおはなし, オーダーメイドジュエリー, オリジナルジュエリー, ジュエリー情報, ヒロウミエンゲージメント(婚約指輪), ヒロウミマリッジ(結婚指輪), 展示会情報. Tagged with , , , , .

ティアラの制作♪ その4

センターのパーツの位置を決めましたら、同様に左右のバランスを取りながら全てのパーツを固定していき、細部の仕上げを施しましたら完成です。

細かく一つずつ作ったパーツをフレームに立体感を付けながら組み上げて制作いたしました。
裏抜きも全てのダイヤモンドの裏側に施しておりますので、プラチナ製ですが軽く頭に載せていただけます。

センターには1ctのダイヤが揺れて、ハートを左右から支える猫ちゃんたち。
もう一匹の猫ちゃんは…
端の方でおくつろぎになっています。
この気ままさも猫ちゃんの可愛さですよね。

お嬢様が4人いらっしゃるお母様からのオーダーで、小さく揺れるメレダイヤが4石。
センターダイヤはお父様がお母様に贈られたエンゲージリングのダイヤを据えています。
ご家族の一員である猫ちゃんたちも一緒。
お嬢様方が嫁がれるときには、お母様の心づくしのこのティアラを着けて。
愛にあふれたご家族の象徴のようなティアラです。
ティアラのような大きなものの制作は久しぶりでしたので、思う存分腕をふるって制作させていただきました。

ありがとうございました。

Posted in オーダーメイドジュエリー, オリジナルジュエリー, ジュエリー情報. Tagged with , , , , , .

ティアラの制作♪ その3

デザイン画を確認しながら次々にパーツを作りますが、立体感を調整しながらですので、一つのパーツを作るのにも相応の時間がかかります。
もちろんリングなどと同じように、ダイヤモンドを留めている裏側まで明り取りを十分にとり磨き上げてます。
一つ一つを完璧に仕上げてこそ、組み上がったときの輝きはより一層のものとなります。

必要なパーツが出来上がれば、次は組み立ての作業です。

焦りは禁物で少しのゆがみが全体のゆがみに繋がりますので、仮組みを行い何度も確認を行ってから一つずつ慎重に固定をします。
特にセンターに来るパーツの固定時は非常に気を遣います。

Posted in オーダーメイドジュエリー, オリジナルジュエリー, ジュエリー情報, つくりのお話. Tagged with , , , , , .

ティアラの制作♪ その2

デザインと構想が固まりましたら本制作の開始です。

まずは頭に乗せるフレームの制作に取りかかることに。

先に試作したシルバーの仮枠の大きさを参考に、本番ではプラチナの角棒を叩いて伸ばし曲げ加減を調整しながら、セットするダイヤモンドの下穴を空けて丁寧に作り込んでいきます。

基礎となる部分が出来ましたら、次はフレームに添わせて一つずつパーツを作ります。

ティアラのセンターにとお客様よりお預かりした1ctのダイヤモンドは、このデザインではセンターで常にゆらゆらと揺れますので、通常よりしっかりと枠に収まるように、石枠の内側を特別に作った刃物で真円に削りました。

Posted in オーダーメイドジュエリー, オリジナルジュエリー, ジュエリー情報, つくりのお話. Tagged with , , , .