HIROUMI jewellery [blog] のすべての投稿

「HIROUMI」は、創業1930年よりハイジュエリー制作で歴史を積み重ね、常に時代に残る上質なジュエリーを求め、作り続けているジュエラーです。 親子三代にわたり、伝統に培われた技術とオートクチュールジュエリー制作で培った感性で、ハイジュエリーからマリッジリングまで、等しく想いをこめて制作しております。

マリッジに愛らしい「Sモデル」誕生♪

マリッジリングのアレンジオーダーで、よくいただくご注文が「少し細身に」というものです。

最近は皆様細い指の方も多く、金に比べて比重の重いプラチナですと、わずかな太さの違いでも重さが指にご負担であったり、他のリングと重ね付けをされる場合は細身の方がスッキリ収まる…等々、色んな理由があってのことでしたが、それならばとHIROUMIマリッジコレクションの中からピックアップしたLモデルにS(スリム)モデルを誕生させました。

HIROUMIマリッジコレクションSモデル

同じデザインでもスリムになったらちょっと可愛さが増したように思うのは、親の欲目かも知れませんが(笑)

どのデザインも品ある佇まいはそのままに、愛らしいサイズになりました。

Pt950からK18に変えたり、ダイヤモンドを増やしたり、アレンジオーダーも従来どおり承ります。

ペアになるメンズ用は従来のMモデルもしくは、Lモデルのダイヤなしアレンジがお勧めです。

マリッジリングをお探しの方、細身でもしっかりした安心の着け心地のHIROUMIマリッジコレクションSモデルをどうぞお試しください。

HIROUMIお取扱店

HIROUMIマリッジ「Collection №12」

新しく加わったマリッジコレクションNo.12は、以前からアレンジリクエストの多かった「U字」シルエットです。

以前から機会があれば作りたいと思っていたリングで、ダイヤモンドは5石で繊細な輝き、緩やかなカーブは指の付け根にしっくりと馴染むリングです。

ヒロウミマリッジリング№12

ストレートなタイプのコレクションNo.7もお気に入りですが、少しU字になると愛らしさも加わったように感じています☆

レディスは、エンゲージリングと重ね付けで、センターストーンがリングにあたってしまって…と言う時にもお選びいただけるかと思います。

カラーストーンなどお手持ちのリングに重ね付けの際には、ダイヤモンドの数を増やして…と華やかなアレンジも。

どうぞ店頭でお試しくださいませ。

HIROUMIお取扱店

ブライダルリングに新作が誕生しました♪

SNSでは少し前から一部UPしておりましたが、

この6月にマリッジとハーフエタニティに新作が誕生しました。

マリッジリングは以前からアレンジリクエストの多かった、エンゲージとの重ね付けにもピッタリ決まるU字の緩やかなカーブが入ったデザイン。


 

そして同じくアレンジリクエストの多かった「ちょっと細め」なスリムタイプのリング。

 

作った途端にご注文がどっと…な、ダイヤしか見えないハーフエタニティBタイプ…

 

詳しくはこれからご紹介していきますので、お楽しみに♪

銀座 ❝ 和光ブライダルブティックギンザ ❞オープンのお知らせ

銀座・和光の選りすぐりのブライダルジュエリーを一同に集めた❝和光ブライダルブティックギンザ❞が6月24日(水)にオープンしました。

事前のご予約で2階フロアではゆっくりご着席いただいてお選びいただけるそうです。

HIROUMIのマリッジリング、ハーフエタニティーリングの新モデルも含めて全ラインナップがご覧いただけます。

オープンからスタートするブライダルフェアでも様々な特典がご用意されているそうです。

この機会に是非、新しい❝銀ブラ❞、銀座で最上のブライダルジュエリーに出会うお散歩にお出掛けください。

 

婚約指輪の組み立てから完成まで

今日は、婚約指輪(エンゲージリング)に使うダイヤモンドを固定する爪を1本ずつ溶接をしておりました。

6本の爪の角度を全てキレイに揃えるのには、結構気を使います。
(作業をしやすいように、製作中は爪は長い事が多いです)

 

ダイヤモンドをセットして、再度細部まで仕上げを施すと婚約指輪の完成です。
ダイヤモンドのセットは、貴金属で留めるので無事に完成するとホッとします。

贈る人、贈られる人、きっと素敵なストーリーが沢山あるのだろうと考えると、私達はそのお手伝いをさせていただくことに、真摯に向き合い期待に添えるよう常に丁寧に作り取り組みたいと思っております

取り扱い店舗はこちら