「オリジナルジュエリー」カテゴリーアーカイブ

マリッジに愛らしい「Sモデル」誕生♪

マリッジリングのアレンジオーダーで、よくいただくご注文が「少し細身に」というものです。

最近は皆様細い指の方も多く、金に比べて比重の重いプラチナですと、わずかな太さの違いでも重さが指にご負担であったり、他のリングと重ね付けをされる場合は細身の方がスッキリ収まる…等々、色んな理由があってのことでしたが、それならばとHIROUMIマリッジコレクションの中からピックアップしたLモデルにS(スリム)モデルを誕生させました。

HIROUMIマリッジコレクションSモデル

同じデザインでもスリムになったらちょっと可愛さが増したように思うのは、親の欲目かも知れませんが(笑)

どのデザインも品ある佇まいはそのままに、愛らしいサイズになりました。

Pt950からK18に変えたり、ダイヤモンドを増やしたり、アレンジオーダーも従来どおり承ります。

ペアになるメンズ用は従来のMモデルもしくは、Lモデルのダイヤなしアレンジがお勧めです。

マリッジリングをお探しの方、細身でもしっかりした安心の着け心地のHIROUMIマリッジコレクションSモデルをどうぞお試しください。

HIROUMIお取扱店

婚約指輪の組み立てから完成まで

今日は、婚約指輪(エンゲージリング)に使うダイヤモンドを固定する爪を1本ずつ溶接をしておりました。

6本の爪の角度を全てキレイに揃えるのには、結構気を使います。
(作業をしやすいように、製作中は爪は長い事が多いです)

 

ダイヤモンドをセットして、再度細部まで仕上げを施すと婚約指輪の完成です。
ダイヤモンドのセットは、貴金属で留めるので無事に完成するとホッとします。

贈る人、贈られる人、きっと素敵なストーリーが沢山あるのだろうと考えると、私達はそのお手伝いをさせていただくことに、真摯に向き合い期待に添えるよう常に丁寧に作り取り組みたいと思っております

取り扱い店舗はこちら

HIROUMIマリッジ「Collection №11」

HIROUMIマリッジ「Collection №11」のご紹介です。



優美な波を思わせるマリッジリングは、穏やかな川の流れのように指に添い収まりの良いフォルムを研究し尽くして生まれました。

メンズは川面に映る光をイメージし、レディスには、大小のダイヤモンドの輝きをひらひらと舞う桜の花びらに見立ててあしらっています。

HIROUMIマリッジCollection WEBサイト

HIROUMIマリッジ「Collection №10」

HIROUMIマリッジ「Collection №10」のご紹介です。

Hm010_web

日々に寄り添う輝きを贅沢にお楽しみいただけるマリッジリングです。

心地よく柔らかな、程よい丸みをもたせたメンズと、ダイヤモンドをたっぷり留めたレディス。

存在感のある飽きのこないデザインに加え、驚くほど滑らかなつけ心地も、職人が一点ずつ手づくりしたリングならではの魅力。

毎日のさまざまな場面でつけ心地の良さをご堪能いただけるペアリングです。

HIROUMIマリッジCollection WEBサイト

HIROUMIマリッジ「オリジナルオーダー」

「マリッジとお揃いのエンゲージリングをオーダーで♪」

エンゲージリングやマリッジリングを選ばれるときには、エンゲージとマリッジの「セットリング」で選ばれる方もいらっしゃいますし、エンゲージは女性のお好みで、マリッジはお二人に似合うものを選ばれることもあると思います。

でも、エンゲージリングのデザインも出来ればマリッジリングと揃えたいのだけれど…。

エンゲージリングやマリッジリング選びは、大切な証の品で記念の品でもあり、一生をともにするものだと考えると、あれこれ悩まれることも多いかと思います。

今回お客様よりご相談いただきまして、写真のようなデザインをご提案させていただきました。

 

マリッジリングは、細身で両縁にミルグレインを踏襲した「Collection №9」のペアに、レディスのみダイヤモンドを増やしたデザインです。

エンゲージリングは、マリッジと同じデザインに6本爪の枠を作りダイヤモンドをセッティングしました

私共のマリッジリングは使う素材、幅や厚み、シルエットにダイヤモンドの数など、如何ようにもお好みでアレンジオーダーにお応えしておりますが、そのマリッジリングに合わせたエンゲージリングもオーダーいただけます。

エンゲージリングとの重ね付けは、マリッジをU字やV字にしないとダイヤモンドのソリテールリングの収まりが悪いのでは?と思われる向きもあるようですが、デザインによっては、リング全体がピッタリと重なりすぎない程度の「絶妙な間」がある方がいい感じの時もあるように思います。

型にはまらない、自由鍛造で一つずつ手づくりで仕上げているからこそ、フィット感の微調整を始め、お客様の希望される形に沿った制作を可能にしております。

まずはHIROUMIマリッジコレクション取り扱い店でご相談くださいませ。