「つくりのお話」カテゴリーアーカイブ

時を経ても色褪せないジュエリー

ご両親様のご婚約の証に贈られた婚約指輪と、お返しのタイタック。

お二人のお嬢様へお譲りになるということで、リモデルのご依頼を承りました。

時代と共にジュエリーのスタイルは変われども、ダイヤモンドの輝きは褪せることがありません。

記念のお品ならなおさら、今のスタイルにリモデルして陽の下へいざなってあげましょう。

光がなけれれば、どんなに美しいダイヤモンドも輝きません。

仕舞い込んでおくのはもったいないことです。

おひとつは繊細な6本爪で、もうおひとつは覆輪留めをアレンジした、下側に明り取りを設けた弊社のオリジナル、ホースシューデザインの留め方です。どちらもふんだんに光を取り込んで、美しく輝くセッティングを施しております。

きっとお嬢様お二人の胸元で、ご両親の想いと共にいつまでも輝きを添えてくれることでしょう。

私共は時を経ても、初めて身に着けていただいたときのときめきがいつまでも褪せることのない、着けるたびに喜びを感じていただけるようなジュエリーにお仕立てすることを信条としています。

オリジナルジュエリーはもちろん、お手持ちの宝石でのリモデルのご相談もお気軽にお寄せください。

お問い合わせはこちらからどうぞ

オーダーメイドのサファイヤリング その1

お取扱店の北九州市小倉にあるDITIQUE(ディティーク)さまを通じてご依頼いただいた、お客様がお持ちの非加熱サファイヤを使ったリングの制作をご紹介させていただきます。

今回のリングはお母様の傘寿のお祝いに贈られるとのことで、お客さまご自身がお母様の誕生石のサファイヤの非加熱のものを探して手に入れて、どこに制作を依頼しようかと調べられ、今までの制作したリングをご紹介した写真をたまたまご覧になって私共に白羽の矢を立ててくださいました。

非加熱ならではのシルクインクルージョンが角度によってくっきり。個性的な面の少ないファセットカットのサファイヤに腕が鳴ります。

 

オーダーやリモデルをお考えで、遠くにお住まいのお客様ならば、最寄りの弊社のお取り扱い店でご相談ください。

私共のジュエリーの作りをよくご存知で、宝石にも詳しいお店ばかりですので、どちらでご相談いただいても本社アトリエと連携しHIROUMIクオリティのオーダーメイドジュエリーをお手にしていただけます。

ここぞの大事な贈り物も、お任せいただいて間違いないものを制作いたしております。

エメラルドカットが更に映えるリモデル

ジュエリーをデザインしたりお仕立てしながら、いつも思うのです。

美しさを何にどう感じるかというのは、人それぞれだとわかっていながらも、普遍的な美しさとはどんなものであろうかと。

地球にはぐぐまれた宝石たちも、カットや磨き方次第で様々な表情を見せてくれます。
ジュエリーとして身に着けられるように形作られるときに、宝石自体をいかに活かせられるか

宝石自体がそれだけでも魅力がある場合には、できるだけそれをより映えさせることを考えてデザインし、仕立てております。

無理に大げさな目に留まるようなデザインにせずとも、脇役をそこに清冽に控えさせるだけで、中心に据えられた宝石が浮き立つような、透き通る透明感を損なわないように、更に映えるように…

とてもシンプルなダイヤを取り巻いただけのリモデルに見えるかも知れませんが、センターストーンのエメラルドカットと周囲の取り巻きの間にわずかにスキマを作ること。これがもっとセンターストーンに寄っていると、エメラルドカットもせっかくの取り巻きのメレーダイヤも干渉し合って、こんなにスッキリしたものには仕上がりません。

メレダイヤの大きさも、並べて周囲の取り巻きにぴったり収まるように選び抜き、メレダイヤのカットも選び抜いて揃え、留める向きもすべて揃えています。

デザイン画の段階で、ぴっちりスキマの間隔やメレダイヤのサイズも決め込んでおきます。

 

こういったさじ加減は、長年ハイジュエリーを手掛けさせて頂いて来た中で、自然に会得してきたものかと思います。

目を引くデザインではないかもしれませんが、よく見て感じていただけると、美しさの違いはわかっていただけると思います。

何よりも身に着けて頂いたときにおわかりいただけることかと思います。

マリッジコレクション、ハーフエタニティ、ヒロウミコレクションなどのHIROUMIオリジナルジュエリーをはじめ、お預かりした宝石でのオーダーやリモデルも、このような長年培った技術と感覚を元に、すべてのジュエリーにオートクチュールのお仕立てでお応えいたしております。

オーダーやリモデルのご相談もどうぞこちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

 

 

オーダーメイドの楽しさ♪

お手持ちの宝石でのオーダーも承っております。

せっかく手に入れた宝物ですから、ジュエリーに仕立てる際に選ばれる工房もじっくりご検討いただけたらと思います。

私共は一般のお客様からのオーダーを承るようになってからまだ日は浅いといえますが、三代に渡ってジュエリーメーカーやデザイナー様、宝飾店等からのご依頼で逸品制作でジュエリーをお仕立てして参った長い歴史があります。

言わば、『プロフェッショナルのお眼鏡に叶うもの』を長くお仕立てしてきていますので、どこに出していただいても恥かしくないものをお仕立ていたしております。

本日ご紹介したペンダントは、お客様がご購入されてたとても美しいペアシェイプカットのダイヤモンド。

シンプルで美しいペアシェイプの形を生かしたペンダントに仕立てたいと、色々工房をお探しいただき私共にご依頼くださいましたが、よくぞ私共を見つけて下さったと驚きました。
しかも何時間も掛けて遠いところからわざわざお越しくださいまして、その熱意にお応えできるものを、心を込めてお仕立てさせていただきました。

「石枠を作ってダイヤモンドを留めただけでしょう?」
「特に目立ったデザインの特徴もないものだし」どこでも作れると思う方もいらっしゃるかもしれませんが、シンプルなものだからこそ、爪の太さや角度、配置する位置によってそれらを変えたり絞り込んだり、チェーンの太さとのバランス、長さ、石座に取り付ける位置。

ちょっとした違いで出来上がりの表情が大きく変わります。

すべてが長年の経験の上で美しく繊細に見えながら、安心してお使いいただけるもの。そして色んなお召し物に合わせてお使いいただけることを前提にお仕立ていたしております。

お客様とご一緒に、最上のジュエリーをオーダーでお仕立てさせていただいております。

まずはお問い合わせフォームからご相談ください。

 

ファミリージュエリーの一つの形

曾祖母様からのリングは、一部のメレダイヤを曾孫ご夫妻のマリッジリングに託され、残されたリングは、リングとペンダントに生まれ変わりました。

石座の爪をすべてレーザー溶接で補強し、バチカンになる丸カンも溶接し、表も裏も磨き上げ、再びダイアモンドを留めました。

1カラット以上あるダイヤモンドで、お尻の座りが大きめなアンティークで見かけるようなシルエットのペアシェイプの形が趣を感じさせてくれる、シンプルだけれど美しいダイヤモンドペンダントに仕立て上げられたかと思います。

しばらくは曾祖母様からは孫に当たられるお母様の胸元に輝き、ゆくゆくはお孫様に譲られるような時がきても、時代を超えてどの年代の方にお着けいただいてもさり気なく馴染む設えになりました。

ペアシェイプの石座とメレを外した部分を切り離したリングは、ひび割れの補修や変形直し、動いていたメレダイヤを留め直し、磨き上げました。着けていただくと緩いカーブのあるシンプルなダイヤモンドリングですがボリュームもあるしっかりした存在感のあるリングですので、マダム世代のお母様の普段使いのリングとしても、重ね着けなどもしやすいリングに仕上がりました。

どちらのジュエリーもまた次の世代に受け継いてこれからも長くご愛用いただけるものにできたかと思います。

今回は曾祖母様からお祖母さまが受け継がれでご愛用になられたジュエリーをお母様、お孫様へ受け継いでいく、そんなファミリージュエリーの歴史を紡ぐお手伝いをさせていただきました。

ジュエリーは人よりずっと長生きなものですから、新しくお作りさせていただく時でも、次世代に受け継いでいただけるような時代や世代を超えてご愛用いただけるお品をと心掛けてお作りしています。