「つくりのお話」カテゴリーアーカイブ

マリッジリング スリムモデル 『HM005S』 

最近、マリッジコレクションに新しく加わりました『Sモデル』のご注文をいただくことが増えてまいりました。

指の細い方や他のリングと重ね付けをするときには、細身のデザインのほうがスッキリ収まりが良いこともございますし、指へのご負担も少ないと思います

従来のモデルから、どのくらい細くなっているのか並べて撮影いたしました。

今回はマリッジコレクション№5を撮影しました。

 

 
いかがでしょうか。
写真の一番右が新作Sモデルの『HM005S』になります。
リングの幅も厚みもグッとスリムに。
 
ダイヤモンドの留め方まで少し変えてみました☆
 
実際のつけ心地はぜひ取り扱い店舗にてお試しくださいませ。

 
 
 

 

ハーフエタニティの新モデル誕生♪

発売以来ご注文が絶えない、ひとつひとつが手づくりの鍛造で作り上げる、HIROUMIハーフエタニティに新たなモデルが誕生しました。

 

従来のモデルは彫り留めスタイル(Aモデル)でしたが、新たに誕生したモデルは「スカラップ留め」スタイル(Bモデル)です。

リング幅いっぱいの大きさのダイヤモンドを一つずつ、U字に削り出した石座に留めました。

留めてある爪もひと粒に4つずつ、繊細ながらしっかりと留めております。

 

サイドからもダイヤが覗いて、目にも鮮やかな輝きが放たれる様が見て取れます。

一つ一つは微小にサイズが異なるメレダイヤの高さや幅が揃うように石座を設える事のできる手づくり加工のきめ細やかさ、ダイヤの向きもぴしっと揃えて留めあげるこだわり。みなさまが気づかれないところでの小さなこだわりが、途切れることのないなめらかな輝きの連なりをもたらします。

ダイヤの大きさに合わせて、リング幅は3タイプご用意致しております。

アニバーサリーにも、マリッジやエンゲージなどブライダルリングとしても、もちろんファッションリングとしても、❝日々に寄り添う贅沢な輝き❞HIROUMIハーフエタニティリングをどうぞよろしくお願いいたします。

HIROUMIお取扱店
http://hiroumi-jewellery.com/shop-list.html

 

「プリンセスカット」のエタニティリング

今回、プリンセスカットを使用したレール留めの『フルエタニティリング』をオーダーでお作りさせていただきました。

鍛造をご希望でしたので、先ずは平打ちのリングを手作業で作ってから、レールになる部分や柱などは全て糸鋸やドリルを使って削り出しました。

プリンセスカットは、メイクを揃えても一つ一つ個性があるので、しっかりと石座を作る必要があります。
石合わせと言われる作業で、根気のいる作業ですがその辺りは大の得意としております☆

プリンセスカットのダイヤモンドと製作中のリング(右)


しかし、フルエタニティリングを作る上で一番大事なのは事前の準備だと言っても過言ではないと思っております。
リングサイズによって円周は変わりますし、実際に揃えることの出来たプリンセスカットの直径によっても使用個数やリングの厚みも変わってくるからです。
とはいえ、プロとしてお作りさせていただく以上、それはあたり前のことなので、入念に準備をしてから取り組ませていただきました☆

フルエタニティリングの魅力はなんと行っても、一周ダイヤモンドがセットされているその輝きの連鎖ではないでしょうか。

さらに、プリンセスカットは比較的深さのあるダイヤモンドですが、違和感なくお着けいただけるようにと、ダイヤモンドがリング内側に出ないギリギリの厚みでお作りさせていただきました。
着け心地とフィット感のよさは、まさにオーダーならではの醍醐味です。

この度は、オーダーいただきましてありがとうございます☆

オーダーやご相談に関しましては、お問い合わせよりお願いいたします。

ちょっとアンティークテイストなリモデルリング♪

今回、1.5ctの大きなダイヤモンドをお預かりして、新しいリングに生まれ変わるお手伝いをさせていただきました。

これだけ立派で上質なセンターストーンだと、プラチナを使い、メレダイヤで取り巻いて、さぞやゴージャスに…

ではなく、お客様とご相談しつつ「アンティークな趣があり、普段遣いもできる派手派手しくないものに」となりまして

K18イエローゴールドを使って、石座もアンティークテイストな「菊爪」に。

菊の花びら型に広がった石座で花弁部分はU字にえぐれているので、そこにダイヤモンドのパビリオン部分のカットが放射状に写り込んでいて派手派手若くはないですが地味でもなく、ちゃんと華があります。

リングの腕もピカピカしない程度の「ゆるいマットな感じ?」テイストの絶妙仕上げ。

実際はピカピカに仕上げてから、わざわざ曇らせているのです。

石座も低めにして、出しゃばりすぎず安定感も抜群です。

爪の形の名前は「菊爪」ですが、私は出来上がった姿から「レンゲの花」を思い浮かべてしまいました。

大きなダイヤだけど、可憐さのある、いつまでも慈しんでいただける温かみのあるリングに生まれ変わりました。

譲り受けられたダイヤモンドリングが、「今使うには不向き…」「私にはちょっと似合わない…」「もっと気軽に使えるものに…」とお使いにならないで仕舞い込まれているのは本当にもったいない話です。

こちらも元々はガッシリと大きな鬼爪のソリテールリングでしたが、カジュアルにも、シックにも、お着物にも合わせやすい姿へ変身いたしました。

このようなリモデルもデザインから承っております。

まずはHIROUMIジュエリー取扱い各店舗まで、お気軽にご相談下さいませ。

新しい道具☆

「レーザーマーカー」を導入しました。

半世紀以上続くアトリエですが、昔ながらの手仕事を大切にしつつ、新しい技術も積極的に取り入れているのがアトリエヒロウミです。

如何にお客様に喜んでいただけるジュエリーを作れるかを追求し続ける上で、様々な工具や機械なども必要とあれば色々試して取り入れています。

レーザーマーカーとは?

実は、文字やイラストなどをレーザーで彫刻するための機械です。

手打ちの刻印では入らない大きさのロゴを入れたり、小さなピアスの枠や中が空洞になっているネックレスの金具に刻印を入れたりも可能です。

私共のジュエリーを手にとって下さる方には、もしかしたら見えなくて気付かれないかも知れないほんの小さな刻印。

そんな些末なことも疎かにしない、想いを込めた仕事の積み重ねが、より一層輝きを増すジュエリーをお届けできる秘訣だと思っています。

それが私共の仕事への誇りです。