「手づくり鍛造」タグアーカイブ

『ヒロウミブライダルリングフェア』にお越し下さりありがとうございました☆

24日、25日の2日間『ヒロウミブライダルリングご相談会』で和光ブライダルブティックギンザに職人の廣海がお伺いしておりました。

ご予約いただきました皆様とのお話が楽しくて、あっという間に時間が過ぎた2日間でした。
ご来店いただきました皆様、ご説明が拙いところもあったかとは思いますが誠に有難うございました。

タイミングが合わなくて…と言う方も、ご相談会は終わりましたが、11月1日まで同フェアは開催しております。
 
期間中にペアでご成約いただきました方には誕生石をリングの内側に1石プレゼントでお入れしております。
どうぞお立ち寄りいただければ幸いです。

 
〈お問い合わせ〉
和光ブライダルブティックギンザ
(03)3562-3822

〒104-0061
中央区銀座4丁目4-7
東京メトロ銀座駅 B1、2出口より徒歩すぐ

 

マリッジリングが出来るまで

HIROUMIのマリッジリング(結婚指輪)が出来るまでの工程をご覧いただけるように、一つ一つ解説をつけながらご案内のページを作成しました。

ヒロウミでは様々な技法を用いてジュエリーを制作しておりますが、なぜマリッジリングハーフエタニティリングをあえて「手づくりの鍛造」でつくるのか、様々な大切なことが「効率化」という言葉の中で失われていないだろうか、私達自身改めて振り返る意味も込めて制作いたしました。

 

端的に説明すれば、叩く・つなぐ・形づくり・綺麗に磨いてダイヤモンドをセットする。

ただ、それだけのことではございますが、沢山の想いを込めておつくりさせていただいております。

お手すきな際にご覧いただければ幸いです。

 

ヒロウミマリッジコレクションが出来るまで >

 

ホームページTOPはこちら >

 

 

 

 

 

マリッジリング スリムモデル 『HM005S』 

最近、マリッジコレクションに新しく加わりました『Sモデル』のご注文をいただくことが増えてまいりました。

指の細い方や他のリングと重ね付けをするときには、細身のデザインのほうがスッキリ収まりが良いこともございますし、指へのご負担も少ないと思います

従来のモデルから、どのくらい細くなっているのか並べて撮影いたしました。

今回はマリッジコレクション№5を撮影しました。

 

 
いかがでしょうか。
写真の一番右が新作Sモデルの『HM005S』になります。
リングの幅も厚みもグッとスリムに。
 
ダイヤモンドの留め方まで少し変えてみました☆
 
実際のつけ心地はぜひ取り扱い店舗にてお試しくださいませ。

 
 
 

 

HIROUMIマリッジ「Collection №11」

HIROUMIマリッジ「Collection №11」のご紹介です。



優美な波を思わせるマリッジリングは、穏やかな川の流れのように指に添い収まりの良いフォルムを研究し尽くして生まれました。

メンズは川面に映る光をイメージし、レディスには、大小のダイヤモンドの輝きをひらひらと舞う桜の花びらに見立ててあしらっています。

HIROUMIマリッジCollection WEBサイト

HIROUMIマリッジ「Collection №2」

次にご紹介させていただくのが、HIROUMIマリッジ「Collection №2」

 

 


 

初代からアトリエに受け継がれてきた伝統のリングは、柔らかなウェーブラインが特徴。

プラチナを叩き締め、成型してから1本ずつ削り出す技法によって、リングサイズごとにベストな美しさのウェーブラインを生み出しています。

こちらのモデルは実際に作っている制作動画もございます。
制作動画はこちらから

HIROUMIマリッジCollection WEBサイト